ファッションって、人を愉しませるもの

標準

ファッションって、自分を表現したり、自分が愉しんだりするためだけのものでなくて、
人の目を愉しませるものでもあると思う。

平安時代までファッションのルーツをさかのぼると、
位の高いお姫さまが、十二単の裾の色で季節感を表現したというところに繋がってくる。
これってもう、自己満足ファッションじゃなくて、
他人に対する「オモテナシ」みたいなもんだと思うんです。

春を先どって、淡い黄緑や青緑、薄ピンクなんかの重ね色で
来客を御簾の陰から楽しませるなんて、なんて風流なんだ!と感心するわけです。

繊細な色使いや素材で、人に春の到来を告げる。
ファッションにはそんな役割もあるんですよね。そう考えたら、ファッションって意外と奥が深い。

女性がいると場が華やぐ、みたいな表現があるけど、
女性はいろんな色を身に纏えるから、いろんなカラーを着るのがいいと思うんですよね。
とか言いつつ、私のファッションは、手持ちファッションアイテムのモノトーンカラー率がすごく高い。
ラクチンで着回しが利くからなんだけど、それってたぶん、すごく無難。つまんないかもしれない。

自分も場を華やかにできるような色を身に纏えたらなぁ、と思ってます。
せっかく女に生まれたんだから、男性には着られないカラーを愉しみたい。
それにはまず、センス磨きから始めなきゃ、なんですけどね。道は遠し。

おしゃれは生活の楽しみ

標準

おしゃれは大好き。服装が決まるとテンションがあがります。逆にきまらないとだださがり。
私はかなり小柄なので、モデルさんやマネキンが着てる服を着るとバランスが違ってしまいます。なので、トップス以外は試着は重要。
それでも毎朝予定していた服を着てみたら、何か違って服装を考え直すこともしばしば。靴で雰囲気も変わるのでたまに朝から靴をたくさんだして、あれやこれやと履き替えてます。持ってる靴でいたいちなときもあり、新しいものが欲しくなりますが、これ以上靴箱に入らないかな。服も靴もカバンもたくさん持っていれば合わせやすいのだけど、場所的に無理なのがつらいですね。芸能人みたいに衣装部屋が欲しい。
今一番欲しいのはウールのダウン。ボタンが多いとはおるのに手間取るので、少し不便。会社にはおっていくのにカジュアルすぎずゴージャスすぎずちょうどよさそう。でもただいま金欠だから来年くらいかな。
ママになったけど、おしゃれは忘れたくない。いつまでも女でいたいから。

ほんとはスカートが履きたい!

標準

子どもを公園に連れて行ったり、ちょこちょこ動く子供を追いかけたりするので、毎日ほとんどジーパンです。今はおしゃれしたいけど機能性重視のファッションばかり選んでいます。ほんとはワンピースにレギンスを合わせてみたり、タイトなスカートやAラインのスカートなど履いてみたいのです。お金もあまりないので、機能性重視のジーパンばかり履いていて正直飽きてきました。最近ボーナスが入ったので1枚くらいスカート買っちゃおっかな~なんて思って、先ほどユニクロへ物色に行ってきました。冬素材のファーリーフリーススカートやチェック柄のスカートがとてもかわいかったです。優柔不断なのでいろんなお店を見てからでないと決めきれないタイプなので買いませんでしたが、後日また別のお店も物色して1枚スカートを買い足しちゃおうかなと思いました。スカートは子供ができて以来履いていないので4年ぶりくらいです(笑)